2016

7.19~11.20


第2回 石本正日本画大賞展

 ■開催概要

 石本先生が亡くなってから約一年経ってから「第2回 石本正日本画大賞展」は開催されました。石本先生の故郷である、この三隅町で開催することで、多くの画学生に先生の「画心」を伝えていこうと始まったこの展覧会は展覧会名を変遷はしましたが、今年で6回目となりました。

 第6回目は過去最高の24の美術系の大学と昨年三隅町で長期滞在して制作した学生たちの作品を含め186点と過去の受賞者の作品で開催いたしました。

 沖縄から北海道まで校風も風土も歴史も違う大学で学んできた学生たちの力作が一堂にこの島根県浜田市三隅町に集まりました。

 

■賞金(奨学金)

大賞     30万円(1点)

準大賞    20万円(2点)

審査員特別賞 15万円(1点)

奨励賞      5万円(17点)

 

■受賞作品【ブログにて発表!】

大賞    「領域外」(藤原宇希子)【女子美術大学 博士後期2年】

準大賞   「苑」(大塚なつ実)【東京藝術大学 修士1年】

準大賞   「漂い」(小林実沙紀)【沖縄県立芸術大学 3年】

審査員特別賞「解夏」(小田川史弥)【東京藝術大学 3年】

奨励賞   「さざめき」(神谷恵)【東北芸術工科大学 4年】

奨励賞   「かえりみち」(本田貴哉)【金沢美術工芸大学 4年】

奨励賞   「harmony」(中根航輔)【東京藝術大学 修士2年】

奨励賞   「夏の夜」(岩谷晃太)【東京藝術大学 修士1年】

奨励賞   「雨音」(能登真理亜)【東京藝術大学 修士1年】

奨励賞   「ユートピア建築」(柴田真実)【多摩美術大学 4年】

奨励賞   「べに咲く」(奥田夏鈴)【多摩美術大学 3年】

奨励賞   「雪が降った日」(清水友麻)【多摩美術大学 3年】

奨励賞   「後ろ足」(眞瀬翼)【多摩美術大学 3年】

奨励賞   「静刻」(久保璃空)【成安造形大学 4年】

奨励賞   「音色」(森沙貴)【京都精華大学 3年】

奨励賞   「断つ」(中川翔太)【大阪芸術大学 修士1年】

奨励賞   「満開の線」(金孝妍)【倉敷芸術科学大学 博士2年】

奨励賞   「のぞむかげ」(平松若葉)【倉敷芸術科学大学 4年】

奨励賞   「幸福であったすべてのこと」(原田さおり)【広島市立大学 修士2年】

奨励賞   「Overlap」(湖城磨李奈)【沖縄県立芸術大学 3年】

奨励賞   「とこしえ」(金城桜)【沖縄県立芸術大学 修士1年】

  

■展覧会会期

2016.8.30(火)~9.25(日)  9:00~17:00(月曜休館、月曜祝日の場合は翌日休館)

 

■展覧会会場

浜田市立石正美術館(新館・プロムナード)

三隅中央会館(多目的ホール) 

 

■出品大学【24校】【出品作品(画像186点)【出品者目録(PDF)

札幌大谷大学・東北芸術工科大学・金澤美術工芸大学・筑波大学・文星芸術大学・

東京藝術大学・女子美術大学・多摩美術大学・常葉大学・名古屋芸術大学・

名古屋造形大学・京都市立芸術大学・京都造形芸術大学・京都精華大学・

成安造形大学・京都嵯峨芸術大学 短期大学部・大阪芸術大学・大阪成蹊大学・

奈良芸術短期大学・宝塚大学・倉敷芸術科学大学・広島市立大学・九州産業大学・

沖縄県立芸術大学

 

■合同批評会【関連行事詳細日程】

日時:2016.9.18(日) 9:30~12:00

会場:浜田市立石正美術館(新館・プロムナード)

   三隅中央会館(多目的ホール) 

内容:出品学生・審査員の先生・一般の方々を交えての合同批評会

 

■授賞式

日時:2016.9.18(日) 16:00~17:00

会場:リハビリテーションカレッジ島根 階段教室

 

■『碧い石見の芸術祭2016』交流会

日時:2016.9.18(日) 17:00~20:00

会場:リハビリテーションカレッジ島根 講堂

内容:記念パフォーマンス(京都在住 水墨画家 小森文雄氏)

   出品者・参加者からのコメント

   石見神楽上演(両谷神楽社中)

   地元の食材によるおもてなし

『第2回 石本正日本画大賞展』ポスター
『第2回 石本正日本画大賞展』ポスター

受賞作品(21点)

展示の様子

関連行事の様子

(歓迎夕食会・合同批評会・石正美術館鑑賞・

授賞式・ライブパフォーマンス・交流会)



第3回 石州和紙デザインコンペ

■開催概要

日本を代表する伝統文化「石州半紙の技」を生かした石州和紙を素材として、現代を生きる私たちに生活にうるおいや、楽しみ、くつろぎを与える様々なデザインの提案を広く募集しました。

 

■募集内容

テーマ:『カジュアルな装い』

出品規定:石州和紙を主な素材として使用した作品

サイズ:2m x 2m x 2.5m 以内

 

■応募期間

□1次審査提出期間(書類審査):2016.7.1(金)~7.29(金) (審査発表:8月初旬)

□2次審査提出期間(実物審査):2016.10.3(月)~10.7(金)(審査:10.10)

 

■受賞作品【ブログにて発表!】

大賞

 「時空4」(中森詔子)【広島県】

中国経済産業局長賞

 「和紙のレリーフタイル」(田淵萬坊)【東京都】

しまね産業振興財団理事長賞

 「マウンテンパーカ」(山城和晃)【神奈川県】

水澄みの里賞

 「washiアクセサリー」(西藤真弓)【島根県】

石州半紙技術者会賞

 「かろやかな装いのための財布」(染谷昌宏)【埼玉県】

千葉すず賞

 「紙のお守りブローチ」(渡辺真奈美)【島根県】

特別賞

 「リラックス スリッパ」

 「裸足用 ぞうり」

 「ファッション エプロン」

 「爆睡 アイマスク」(野山嶽農耕百歳部会)【島根県】

 

■優秀作品展について

期間:2016.10.18(火)~11.20(日)  9:00~17:00(月曜休館、月曜祝日の場合は翌日休館)

作品数:48点【優秀作品画像(48点)【優秀作品展 出品目録(PDF)

会場:石州和紙会館

 

■授賞式について

◇授賞式◇

日時:2016.10.29(土)  14:00~15:00

会場:ひゃこるネットみすみ情報ステーション

 

◇意見交換会◇

日時:2016.10.29(土)  15:00~16:00

会場:石州和紙会館

内容:出品者による作品解説など、作品に対する熱い思いを語ります。

 

◇基調講演会◇

日時:2016.10.29(土)  16:00~17:00

会場:ひゃこるネットみすみ情報ステーション

講師:井上 斌策 (いのうえ しんさく)【京都精華大学名誉教授/プロダクトデザイナー】

タイトル:『地域活性化のためのデザイン活用』

 

■優秀作品展以外での展示について

◇浜田市役所 市民ロビー◇

日時:2016.12~2017.4.17

住所:島根県浜田市殿町1番地

◇浜田市世界こども美術館◇

作品募集のポスター
作品募集のポスター
優秀作品展ポスター
優秀作品展ポスター

受賞作品(10点)

展示会場・授賞式・祝賀会の様子



第3回 石州和紙うちわアート展

■開催概要

石州和紙を多くの方に身近に感じていただける機会となりますように、うちわという身近なキャンバスに多くの方が自分を表現できる機会になればと願い開催始めて今回で3回目となりました。今年は約1000点の応募がありました。子供たちの作品、一般の方々の作品と今年は同時に展示しました。

 

■募集について

募集期間:2016.6.27(月)~7.8(金) (審査発表:8月初旬)

作品受付:芸術と文化のまちづくり事業実行委員会 事務局(9:00〜17:00/土日月休み)

出品規定:専用の石州和紙うちわキットを使用した作品

 

■キット販売

・石州和紙+プラスチック製の骨…100円(高校生以下無料)

・石州和紙+竹製の骨…300円

 

■展示

展示期間:2016.7.19(火)~8.21(日) 

展示会場:アクアみすみ(浜田市三隅町古市場589 火〜土9:00~21:00/日・月9:00~17:00)

 

■個人賞【ブログにて発表!】【個人賞一覧(PDF)

浜田市長賞                     島根らん

浜田市教育長賞                   川辺篤希

浜田市議会議長賞                  田中久美子

石州和紙のまち三隅自治区長賞            海老俊幸

芸術と文化のまちづくり事業実行委員会 実行委員長賞 能美千帆美

石州半紙技術者会 会長賞              長戸和磨

石州和紙協同組合代表理事長賞            佐崎裕子

石州和紙会館館長賞                 朱山泰子

石正美術館館長賞                  椋祐莉乃

浜田市世界こども美術館館長賞            真鶴昊輝

千葉すず賞                     三浦大樹 

 

■団体賞【団体賞一覧(PDF)

全59賞

 

■授賞式

日時:2016.9.18(日) 16:00~17:00

会場:リハビリテーションカレッジ島根 階段教室

第3回 石州和紙うちわアート展ポスター
第3回 石州和紙うちわアート展ポスター

受賞作品(11点)



第3回 小さな世界展

■開催概要

小サイズの作品の中で生まれる世界観を出品者、鑑賞者共々楽しんでいただくことを目的として開催します。ギャラリートークや交流会を通して、作家の交流の場づくり、表現の面白さ、多様さを伝える場となることを目指して開催しました。

 

■出品規定

テーマ:自由

出品規格:縦40cm x 横40cm x 高さ40cm(額縁込みのサイズ)以内

応募制限:1人1点

出 品 料 :1,000円(高校生以下は無料)

  

■作品受付

受付期間:2016.8.1(月)~8.10(金) 

受付場所:芸術と文化のまちづくり事業実行委員会 事務局(9:00〜17:00/土日月休み)

 

■展示

展示期間:2016.8.30(火)~9.25(日)  

展示会場:浜田市立石正美術館9:00~17:00/月曜休館、月曜祝日の場合は翌日休館)

 

■オープニングセレモニー

日時:2016.8.30(火) 9:30~11:00

会場:浜田市立石正美術館

内容:『第2回 石本正日本画大賞展』のオープニングセレモニーも同時開催!

   『小さな世界展』出品者による作品解説など。



第4回 石州和紙灯ろうまつり2016

昭和58年に三隅町に甚大な被害をもたらした大水害の30周年からスタートしたこの三隅川精霊流しを含む石州和紙灯ろうまつりは、2013年を第1回目とし、今年で4回目を迎えました。今年も多くの石州和紙の灯ろうをワークショップなどで作成して、約600個が集まりました。

 

■日時

2016.8.16(火)

 17:00 灯ろうづくりワークショップ・屋台村オープン

 18:30 慰霊祭

 19:00 三隅川精霊流し

 20:00 閉会

 ※少雨決行、精霊流しのみ荒天時順延(17日)

 

■出店屋台

みのり市、おむすびころりん、ゆうひパーク三隅、味山商店

 

■会場

三隅川河口(三隅町湊浦・新川橋下〜千本橋 河川敷特設会場)

 

■主催

石州和紙灯ろうまつり実行委員会

 三保公民館・三保地区生涯学習推進委員会・三保地区まちづくり推進委員会・石州半紙技術者会・

 石州和紙協同組合・石正美術館・芸術と文化のまちづくり事業実行委員会

 石正美術館と石州和紙の里 潮路なぎさみち実行委員会 ほか

 

■協力

浜田市三隅B&G海洋センター・みすみスポーツクラブ



その他の展示

■三隅図書館 〒699-3225島根県浜田市三隅町三隅2002(0855-32-0338)

 

『碧い石見の芸術祭ワークショップ展』

●第1期

日時:7.20(水)~8.21(日)  

内容:石州和紙で福笑い(三隅保育所2015)

石州和紙の花吹雪づくり(岡見保育所・三保保育園2015)

石州和紙で和紙ぼうず(石正美術館まつり2015)

ダンボールアルファベット(石正美術館2015)

ワークショップ風景パネル

●第2期

日時:8.23(火)~10.2(日)   

内容:学生の灯り(全国美術大学奨学日本画展 参加学生) 

●第3期 

日時:10.4(火)~11.13(日)

内容:石州和紙で大蛇のうろこをデザインしよう(2014・2015)

 


■浜田市立石正美術館 〒699-3225島根県浜田市三隅町古市場589

『いわみの冬至祭「光の回廊2016-光の庭園ー」』

日時:12.10(土)~12.23(金・祝)

出品作品:碧い石見の芸術祭2016において来町された美大生の描いた灯り(31個)

展示の様子
展示の様子

■かばち亭 〒699-3225島根県浜田市三隅町古市場1133(マリーンホテルはりも横)

『山口 純寛展「和紙と技心の競演」

日時:7.23(土)~8.21(日)     

 

小森 文雄展「墨色と和紙そして色」

日時:8.30(火)〜9.25(日)      

 


■鶴亀亭 〒699-3226島根県浜田市三隅町岡見523-2(0855-38-7393)

 『版画で表現された技法と姿展』

日時:7.19(火)~8.21(日)

 

 『小森 文雄展「小森の心と世界・そしてアトリエでの姿」

日時:8.30(火)~9.25(日) 

作家在廊期間:9.17(土)~9.24(土) 



Workshop(ワークショップ)

■灯ろうづくりワークショップ

日 時:7.9(土)13:00~15:00

会 場:浜田市立石正美術館 創作室

参加費:300円(高校生以下100円)

内 容:8.16(火)に開催される『第4回 石州和紙灯ろうまつり2016』にて流す

    石州和紙でできた灯ろうを作りました。皆さん、思い思いの灯ろうを色々

    な画材を使用して制作してくれました。


■マーブリング教室(初級)

日 時:7.23(土)10:00~16:00

会 場:かばち亭・鶴亀亭・石正美術館 創作室

集 合:石正美術館 駐車場 (10:00)

講 師:山口 純寛(九州産業大学/多摩美術大学 非常勤講師・版画家)

内 容:午前中は山口先生や他の版画の作品を鑑賞しながら、版画の技法についてや

    アート全般について学びました。午後よりマーブリングのワークショップを

    開催しました。

参加費:3,000円


■アートな講座

日 時:9.3(土)13:00~16:00

会 場:三隅中央会館 生活研修室

講 師:山口 純寛(九州産業大学/多摩美術大学 非常勤講師・版画家)

内 容:

参加費:無料


■スチレンボード3㎜と石州和紙を使ってカレンダースタンド作り

日 時:9.4(日)13:00~15:00

会 場:石正美術館 創作室

講 師:野上 明博 

内 容:3㎜の厚さのスチレンボードを使ってフレームを作り、石州和紙を貼り

    カレンダースタンドを作成します。

定 員:20名程度 

対 象:小学校5年生以上

参加費:1,000円


■「描きたいという衝動があればそれでいい」心で描く水墨画を学ぶ

日 時:9.22(木・祝)10:00〜16:00

会 場:鶴亀亭(小森文雄第一個展会場)

講 師:小森文雄(水墨画家・京都市在住)

定 員:15人

参加費:4,000円


■「石州和紙におろちのうろこをデザインしよう」

日 時:8.30(火)~9.25(日) / 10.18(火)~11.13(日) 9:00〜17:00(土日祝休み)

会 場:三隅中央会館ロビーの片隅

内 容:石州和紙におろちのうろこをデザインしてみましょう。

大きな大蛇をみんなで完成させよう

このワークショップは碧い石見の芸術祭が長年に渡り開催してきて、

んどん大蛇が大きくなってきました。

あなたのデザインしたうろこも是非大蛇に仲間入りしてみませんか?

参加費:無料


■「石州和紙に巨大曼荼羅(まんだら)を描こう」

 「石州和紙のおろちのうろこをデザインしよう」

日 時:11.12(土) & 11.13(日) 10:00〜16:00(石正美術館まつりにて)

会 場:浜田市立石正美術館

内 容:おろち→石州和紙のうろこに好きなデザインをしてね。

    曼荼羅→石州和紙に自由にグルグルと模様をデザインしよう!

みんなで大きな1枚の作品に仕上げましょう。

参加費:無料